リンク

« 算数とのつきあいに悩む君に。その0 | トップページ | 受験算数と方程式についての私見 »

2005年7月 5日 (火曜日)

算数とのつきあいに悩む君に。その3

「難しい問題とのつきあい方」
算数や数学を勉強していて、問題を解いてて、つらくなったことがありますか?
ある。おお、良いことです。一生懸命やっている証拠です。
大昔(といっても石器時代ではないですよ)のテレビのコマーシャルに「みーんな悩んで大きくなった」というのがありました。そう、逆に言うと悩まないと大きくはなれないのです。
苦しんで、悩んで、得ることはたくさんあります。そしてそうやって得たものは、ほとんどの場合、その人の大事な財産になります。
でも君たちは苦しんだり悩んだりすることはきっといやですね。どれだけ悩んでいるのか分からないくせに、人の気も知らないで、勝手なことを言って、そう思いましたか?
そういう人のために、今回は君たちの悩みを少しでも減らす講座にしたいと思っています。
算数や数学がいやになる瞬間、それはどういう時ですか?
みんなの前で授業中に恥をかいたとき?
でもそれはできればがんばって欲しい、それは君の力になることだから。また他のみんなは君の失敗によってそれが間違いであることがはっきり分かるのだから。「聞くは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥」なのだから。
宿題や復習をしていて、まったく分からない問題が出てきたとき?
そう、これを待っていました。そういう経験があるなら君はできる。もし今できないのなら、これから必ずできるようになる。
いやになってしまうほどの難しい問題が出てきたとき、どうすればよいのか。それを教えましょう。
方法は3通りあります。
1つはきれいさっぱり忘れてしまうこと、自分とは縁のない問題だと思ってすぐ次の問題に進みましょう。
いやになるまで時間をかけましたよね。まさか問題を読んですぐいやになったわけではありませんね。少なくとも5分は考えましたね。5分ならばじゅうぶんです。
2つ目は時間をおくことです。
無理に問題を解こうとしないで、とっておきなさい。
君がすることは問題を解くことではなくて、問題そのものを覚えておくことです。
解けない問題は宝物が入った箱です。開くカギが見つかるまでとっておいてください。
それでもすぐにどうしてもやりたいのなら、問題をもう一度ゆっくり読んでみたあとに、気分を変えて、ちょっと休憩するか、違う問題を解いてみなさい。
集中するということは、視界が狭いということでもあります。
それでもだめなら1日はあけてみなさい。1週間後ならばなお良い。きっと解けます。
でも宿題は無理ですね。
その時は授業が始まる直前にもう一度挑戦してみなさい。そこまで出来ると本物です。もしやれたらきっと君はそのことだけでもっともっと出来るようになっている。もし問題が解けなかったとしても力はついています。だって、みーんな悩んで大きくなるのだから。
3つ目は問題と解き方を覚えることです。意味がわからなくてもいい。式などを丸暗記するのです。数学は暗記だ、という先生もいます。
かけ算九九は知っていますか。2×3は? 簡単ですね。でもどうして6になるのですか? それはニサンガロクを覚えているから、ではないですか。不思議なもので、意味がわからずに覚えた問題も時間がたつと消化されて、いつか当たり前になっています。
世の中には算数や数学だけでなく、解けなくていやになってしまうことはたくさんあります。解けるわけがないことも山のようにあります。でも、だから、おもしろい。
そしてそれがもし解けたときには至上の喜びが待っている。うれしい楽しい気持ちよいのホルモンが脳の中を駆けめぐっている。
そして君は色々な意味で成長している。
たくさんの解決できない問題や未知の問題を少しずつ発見し解決しながら人類は進歩しているのです。
もし君に許されている時間がたくさんあるのなら、本当は難しい1つの問題に何時間もかけて取り組むことはとても良いことです。
そこで君は、解けても解けなくても、問題の取り組み方、考えるということ、試行錯誤するということ、学習する上で大事なことをさまざま身につけることができます。
悩めば悩むだけ、君の血となり、肉となるのですから。時間をかければかけるだけ君の力となるのです。
1つの問題に何時間もかけて取り組むことができたら、それ自体、すばらしい才能です。
できるようになるということは、強く「うれしい楽しい気持ちよいのホルモン」をたくさん出すことが出来るかということでもあります。
解けたときの快感、これは至福なのです。

« 算数とのつきあいに悩む君に。その0 | トップページ | 受験算数と方程式についての私見 »

算数」カテゴリの記事

  • 115(2013.06.27)
  • 114(2013.05.29)
  • 113(2013.05.13)
  • 112(2010.07.23)
  • 111(2010.07.07)

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 算数とのつきあいに悩む君に。その3:

« 算数とのつきあいに悩む君に。その0 | トップページ | 受験算数と方程式についての私見 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック