リンク

« 難しい問題 | トップページ | 調べあげが必要な問題 »

2005年9月 5日 (月曜日)

図形の認識力が必要な問題

高度な図形の認識力が必要な問題とは。

たとえば、立体の切断などの中で複雑なもの。

首都圏の算数入試問題は、ここ何年か立方体を切断したときの切り口にからんだ問題をよく見ます。

思わぬ補助線が必要な問題。

これには高校入試や図形のパズルでは有名な問題だが、今まで算数では取り上げられなかった問題なども含まれます。

図形の移動、立体の回転、くりぬきなど、頭の中での図形の認識が必要な問題。

どれもがなかなか訓練だけでは鍛えにくい問題です。

立体の切断などは、昔から高校受験、中学受験とも、受験生が苦手としやすいところです。

ただし、ふつうの問題はある程度パターン問題になってはいます。

上のような問題に対するには柔らかな思考ができる脳が必要ですね。

« 難しい問題 | トップページ | 調べあげが必要な問題 »

算数」カテゴリの記事

  • 115(2013.06.27)
  • 114(2013.05.29)
  • 113(2013.05.13)
  • 112(2010.07.23)
  • 111(2010.07.07)

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 図形の認識力が必要な問題:

« 難しい問題 | トップページ | 調べあげが必要な問題 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック