リンク

« | トップページ | 2月1日まであと64日 »

2005年11月28日 (月曜日)

2月1日まであと65日

今日、仲間内で少し盛り上がったについて。

人間の感覚や能力はいつ獲得するのか?

もともとは「子どもがどんどん図形ができなくなってます。特に中学生はひどいですね」と言う話題からでした。

私「そもそも中学生で図形ができないと言う子は小学生の頃、ほとんど図形の問題にふれずに中学生になったのでは?」

同僚「特に新指導要領のあおりを受け、習うべくして習っていない単元が多い学年の終わり頃の世代ですね」

そんな話から、では図形の感覚を身につけるべき年令はいつからが適切か、またそもそもその能力は先天的なものが強いのか、後天的なものなのか、などと言う話題で盛り上がりました。

その中で興味深い話をひとつ。

立体を見る感覚は同僚いわく人種と言うか文化によって違いがあるというのです。

ヒトは立体を考える時に、見取り図的にとらえているのか、投影図的にとらえているのか(これはピカソ的感覚でしょう)、また、遠近法的にとらえているのか。

西洋文化は明らかに遠近法と言うことでした。よって、それに強い影響を受け続けてきた日本人の感覚はまた変わってきているのだと。

…………  話が広がりすぎ、収拾がつかなくなってしまいました。

今、話を一段落させるにはもったいない気がしてしまいました。続きはまたの機会に。

« | トップページ | 2月1日まであと64日 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月1日まであと65日:

« | トップページ | 2月1日まであと64日 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック