リンク

« 2月1日まであと91日 | トップページ | 2月1日まであと89日 »

2005年11月 3日 (木曜日)

文化の日 2月1日まであと90日

高校入試でも中学入試でも、問題には解法のパターンがあります。
もしそれがパターンから外れた難しい問題で、また、おもしろい発想の問題であったら、その年の受験生はほぼ全滅でしょうが、次の年には対策が練られて、既知の問題として、解法のパターンに加えられていきます。
あまり詳しい方ではありませんが、将棋の定跡、戦法も日々進歩しているそうです。
インターネットが普及し、前日までの対局はすべて知ることができる、昔はとてもできなかったことらしいです。
対局するまでどんな将棋を指し、強さのレベルもわからなかった。ところが今や誰がどんな戦法でどんな手を指すのかがわかり、新しい戦法はすぐに研究され尽くすそうです。
入試は基本的に1年に1回のことですから、将棋の世界ほど早くはないと思いますが、新しい傾向の問題で、良い問題は次の年には常識になっています。
入試問題は流行します。
前年にA中学がおもしろい問題を出題すると、次の年にはB、C、D中学が出題するという感じです。
ですから塾講師も入試問題の研究を怠るわけにはいきません。
毎年、新しいプリントを用意するのもそういう理由です。
良いものを残し新しいものと入れかえる。不易流行ですね。
「究極のプリント」作りは終わりがありません。

« 2月1日まであと91日 | トップページ | 2月1日まであと89日 »

算数」カテゴリの記事

  • 115(2013.06.27)
  • 114(2013.05.29)
  • 113(2013.05.13)
  • 112(2010.07.23)
  • 111(2010.07.07)

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文化の日 2月1日まであと90日:

« 2月1日まであと91日 | トップページ | 2月1日まであと89日 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック