リンク

« 新学年スタート! | トップページ | 2006年の入試問題その2 »

2006年2月11日 (土曜日)

2006年の入試問題その1

2006年の入試問題がそろそろ手に入り始めました。

数年前から著作権問題の影響で、入試問題の販売をやめた学校、試験当日に配らなくなった学校も多く、入手に時間がかかります。

算数はまだ良いのですが、国語は特に入手が難しく、まじめに入試問題を研究したり、問題を自作する国語の先生はかなり苦労しています。

さて、今年の入試問題ですが、いわゆる御三家の算数入試問題はやさしくなっているようです。

もちろん、御三家にしては、ということですが。

なかでも開成はどうしたの?という感じです。

問題自体はなかなか良いのですが、どれもひっかかりはなく、ちょっとやさしすぎでは当日思いました。

さて、実際、ふたを開けてみると、

85点満点中なんと合格者平均71.1点!(開成中発表)

100点満点にすると83.6点くらいです。軽く8割を超えてしまっています。

これは狙い通りだったのかどうか。

昨年かなりやさしくなりました。

04年が難しかった(合格者平均60%)影響で、05年はやさしくなった(同平均77%)と思ったのですが。

8割を軽く超すとは。

さて来年の読みは……。

« 新学年スタート! | トップページ | 2006年の入試問題その2 »

受験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006年の入試問題その1:

« 新学年スタート! | トップページ | 2006年の入試問題その2 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック