リンク

« 10の位が等しく、1の位の数をたすと10になる数の計算 | トップページ | 13の段も終わり。 »

2006年4月20日 (木曜日)

11

13×18=234

 13×18は130、104で、234です。

 13×18

=13×(20-2)

=13×20-13×2

=260-26

=234

 13×18

=13×9×2

=117×2

これかなあ。

=234

 13×18

=13×2×9

=26×9

=26×(10-1)

=26×10-26×1

=260-26

=234

 13×18

=13×3×6

=39×6

=(40-1)×6

=40×6-1×6

=240-6

=234

今日は、13×18=234 を憶えましょう。

 …………

さて今日の私の数のイメージは、

11

です。

11は5番目の素数。

約数は1、11の2個。その和は12。

11の倍数の見分け方。

「偶数けたの数、奇数けたの数をそれぞれたして、その差が0か11の倍数ならば、その数は11で割り切れる。」

言葉で説明するとわかりづらい。

たとえば「374」は、奇数けたの数の和が3+4=7、偶数けたは7で、7-7=0なので、11で割れることがわかる。

1/11は分子と分母にそれぞれ9をかけると9/99なので、0.090909……になる。

1

11

111=3×37

1111=11×101

11111=41×271

111111=3×7×11×13×37

111111111=3×3×37×333667

1111111111=11×41×271×9091

これ以上は、ちょっとたいへんそう。きりがない。

なかなか素数が出てきませんね。

« 10の位が等しく、1の位の数をたすと10になる数の計算 | トップページ | 13の段も終わり。 »

算数」カテゴリの記事

  • 115(2013.06.27)
  • 114(2013.05.29)
  • 113(2013.05.13)
  • 112(2010.07.23)
  • 111(2010.07.07)

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11:

« 10の位が等しく、1の位の数をたすと10になる数の計算 | トップページ | 13の段も終わり。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック