リンク

« 13の段のかけ算アップ | トップページ | 13 »

2006年4月23日 (日曜日)

12

14×14=196

 14×14は140、56で、196です。

考えてみると、14×14など自乗の計算を憶えるのは当たり前とは限りませんね。

11×11から13×13はぜひ憶えていただいて、これより大きい自乗の数についてもこれからはあつかっていくことにします。

 14×14

=2×7×2×7

=7×7×2×2

=49×2×2

=98×2

=196

 14×14

=14×2×7

=28×7

=196

14×14

=7×2×14

=7×28

=196

今日は、14×14=196 を憶えましょう。

憶えてなければ、11×11=121、12×12=144、13×13=169もぜひ。

 …………

さて、久しぶりに今日の私の数のイメージは、

12

です。

12は合成数(12=22×3)。

約数は1、2、3、4、6、12の6個。その和は28。

12×12(122)=144。

なんと! 21×21(212)=441。

美しく、ふしぎ。知ってましたか?

12×13=156。12×14=168。12×15=180。12×16=192。

12×17=204。12×18=216。12×19=228。復習。

12個は1ダース。日本表記では「1打」、あまり見ない。

1年は12ヶ月。

12時間は半日。

12進法。

十二支。

神様に新年の挨拶に行った順番できまったらしい。

牛は早く出かけ、ところが1等賞は牛に乗っていたねずみ。

ウサギと亀の逆転版ですね。

猫はねずみにだまされて13番目となり、十二支に入っていない(らしい)。

猫がねずみを追いかけるのも、猫が顔を洗うのも、このせい(らしい)。

十二単。

冠位十二階。

十二指腸(潰瘍)。

十二分、は120%と言うことですね。

はじめて120%を「あれ?」と意識したのは、小さい頃に見ていたアニメ「宇宙戦艦ヤマト」で、「波動砲、充填率120%!」(確かに120%だったような)

« 13の段のかけ算アップ | トップページ | 13 »

算数」カテゴリの記事

  • 115(2013.06.27)
  • 114(2013.05.29)
  • 113(2013.05.13)
  • 112(2010.07.23)
  • 111(2010.07.07)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12:

« 13の段のかけ算アップ | トップページ | 13 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック