リンク

« 明治大学付属明治中 | トップページ | 残り10ヶ月!? »

2006年4月 1日 (土曜日)

春期講習後半です。

テレビの向こうでユーミンが30数年前の歌を歌っています。なつかしい。

愛地球博のライブのようです。

洋楽を聴かなかった私は拓郎、陽水に続いてユーミンはよく聞いていました。

中央フリーウェーに憧れ、山手のドルフィンは大学時代に見に行きました。

実は改装中で、本当に横浜まで見に行っただけでしたが。

ふと耳にするとまた聞きたくなります。

今はやりの新しい歌も好きなものはたくさんありますが、年のせいでしょうか、昔よく聞いた音楽は気が休まります。落ち着きますね。

新しい歌と、昔聞いた歌の根本的な違いは、私の場合、口ずさめるかどうかです。このごろの歌は歌いたくても歌えません。難しいですね。少なく見積もっても、算数の100倍は難しい。

「三つ子の魂」ではありませんが、若い頃に獲得したものは得がたいもののようです。昔よく聴いたであろう歌はすぐに思い出し、歌えたりします。

そう言えば、たまに卒業生に会うと、あのとき先生はああ言った、こう言ったと、特に女の子ですが、よく憶えています。

それは単に女の子の記憶力の良さでしょうか、それとも若い頃の記憶だからでしょうか。

中学入試の経験は、特有の得がたい経験のひとつなのでしょうか。

蛇足ながら思い出したのでもうひとつ。

今春の入試に向けての壮行会に来てくれた1年前の卒業生の男の子の話。

壮行会の帰り際に私のところに来て、「先生、これ」

見るとそれは、私がやはり1年前の壮行会で渡したお手製のお守りでした。

「なんだ、まだ持っていたのか、えらいな」

「いや違うよ。目玉入れてくれるって言ったから。約束だよ」

お守りの右下に、私がかいた目玉がないドラえもんの描きかけのマンガがありました。

「第一志望に受かったら、残りは描いてやるよ」

そう言ったのを思い出しました。

約束を果たせと1年後にわざわざ持ってきたんですね。

明日は2月1日というときに、知らない間に声変わりしているくせに、そんなことを言う教え子が、おかしくてかわいくて、思わず微笑んでしまいました。

« 明治大学付属明治中 | トップページ | 残り10ヶ月!? »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春期講習後半です。:

« 明治大学付属明治中 | トップページ | 残り10ヶ月!? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック