リンク

« 21 | トップページ | 23 »

2006年5月17日 (水曜日)

22

15×19=285

15×19は150、135で、285です。

 15×19
=15×(20-1)
=15×20-15×1
=300-15
=285

 15×19
=(17-2)×(17+2)
=17×17-2×2
=289-4
=285

 15×19
=15×(15+4)
=15×15+15×4
=225+60
=285

 15×19
=15×(14+5)
=15×14+15×5
=210+75
=285

今日は15×19=(300-25=)285 です。

 …………

さて今日の私の数のイメージは、

22

です。

…………

22は合成数(2×11)です。

約数は、1、2、11、22の4個。その和は36。

22/7=3.142857 142857 142857 142857 142857 ……

円周率に近い。

ごくたまに入試でも見かけます。「~ただし、円周率は22/7としなさい」

三角数は、1、3、6、10、15、……

四角数は、1、4(=1+3)、9(=3+6)、16(=6+10)、25(=10+15)、……

四角数は、ひとつ違いの三角数の和になる。

五角数は、3つの三角数の和になる。

つまり、三角数+四角数になる。

1=0+0+1=0+1

5=1+1+3=1+4

12=3+3+6=3+9

22=6+6+10=6+16

35=10+10+15=10+25

……

22は4番目の五角数です。

22!(22×21×20×19×……×3×2×1)を計算すると22桁。

このくらいかなあ。

« 21 | トップページ | 23 »

算数」カテゴリの記事

  • 115(2013.06.27)
  • 114(2013.05.29)
  • 113(2013.05.13)
  • 112(2010.07.23)
  • 111(2010.07.07)

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 21 | トップページ | 23 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック