リンク

« サンセンは感謝された(BlogPet) | トップページ | それともここへ検するつもりだった(BlogPet) »

2007年2月18日 (日曜日)

漢字の書き順

遅ればせながら、ニンテンドーdsを手に入れました。
漢検DSをやっています。
あんな小さな機械で、きたない手書きの文字をよくきちんと読み取れるものだなとおかしなところに感心しています。
昔のゲームと違って知的好奇心と言うか向上心をくすぐるところがヒットの原因でしょうか。
漢検やら英語やら常識やら計算やら、子どもがやってみたいと言ったら、これは反対できませんね。
昔、ドラクエやファイナルファンタジーを並んで買うくらい流行ったことがありました。
そのとき受験生には、ライバルがゲームやっている間に、君たちは算数を楽しみなさい、なんて無理を言っていました。その頃と比べると世の中変わってきました。
そのうち、ゲーム機を使った学校の授業など出てくるのでしょうか?(もしかして、もうある? 近いものをテレビで見たことがあるような)
もちろん、ニンテンドーdsなどゲームだけで偏差値アップは、少なくとも今のところは難しいと思いますが。
さて、漢検DSの話。

学生の頃は数学と漢字だけには自信を持っていました。
本が好きで、全集などそろえてもらって読んでいましたが、その中のものには漢字が旧字体で書かれたものもありました。
自分が得意だと思っていたり、興味があるものについては、若い頃は苦もなく入ってくるものです。旧字体も知らない間に結構覚えました。
骨に豊(骨豊)が、体など、妙にカラダっぽくて好きでした。もう大半は忘れましたが、他にも「芸」、「虫」などそれっぽくてよかったですね(変、ですか?)。
漢字は今でも多少は自信がありますが、ご他聞にもれず、ワープロ、携帯ばかりの生活で書けなくなりました。
たまに書くと、輪郭はボーっとわかるのですがちゃんと書けないことが多々あります。
ということで「漢検DS」。
とりあえず漢字検定10級からチャレンジです。
途中を飛ばしてはできない仕組みになっているのですね。
さらに検定は、1日1回しかチャレンジできないようです。ただし、これは本体の日付設定を変えてズルをしていますが。
やってみて圧倒的に「書き順」がわかっていない、というよりも無茶苦茶であることを再発見しました。
あまりにも汚い字や続け字を書くと正しく変換してくれません。
さらに書き順も関係していて正しい書き順で書かないと変換してくれないこともあります。
そう言えば、それで思い出したことがあります。
塾講師なりたての頃、地方出身なもので、生徒によくアクセントの違いを指摘されました。よく覚えているのは「直径」です。これは印象が強く、いまだに区別がつかなくなることもあります。
同じくらい頻繁に指摘されたのが、黒板の字の「書き順」でした。間違うたびに、あ、違う、と言われていました。
うるさいなあ、終わりよければすべて良し、漢字はあっているんだから。
先生が習った書き順はこうだった、昔と今は変わっているんだ。
なんて、これも無茶言っていました。国語の先生でなくて良かった。ウソツキ仙人ですね。
しかし、指摘されたのはウン十年前だけです。
漢検DSでわかった通り、書き順を正しく書けるようになったわけではないようです。
生徒が優しくなったのか、それとも気がつかなくなったのか。
学校であまりうるさく言わなくなったのか、生徒もあいまいなのか。
次の授業から、逆に生徒に、間違っていたら指摘してくれ、と頼もうかなと思っています。
生徒が算数よりそっちの方に集中しても困りますが。

« サンセンは感謝された(BlogPet) | トップページ | それともここへ検するつもりだった(BlogPet) »

その他」カテゴリの記事

コメント

サンセンが字体も知るのかー♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サンセンは感謝された(BlogPet) | トップページ | それともここへ検するつもりだった(BlogPet) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック