リンク

« 5年組分け・母の日 | トップページ | っていってたの(BlogPet) »

2007年5月17日 (木曜日)

totoのこと

少し前、5年の授業で何の拍子か、今キャリーオーバーで話題のサッカーくじのtotoの話をしました。
ちょっと生徒がお疲れの様子だったので、脱線もいいかと。5年シリーズ上の終わりに出てくる場合の数の布石にもなるので。
ひと通りtotoの仕組みを説明して、じゃあ1口100円として、いくら買えば必ずあたる?

3900円!

言うかなと思いました。
勝ち負け引き分けの3種類で、13試合なので
3×13×100=3900
ですね。

それで当たるならみんな買うだろう!

言った本人はキョトンとしています。
5年くらいだと3900円は大金なのかもしれません。
少し安心しました。世が世だけに株で大もうけしている小学生が少なからずいてもおかしくありません。
また、5年の今くらいの時期だと、3×13と3の13乗がよく区別できていないことはままあります。

しばらくトンチンカンな会話が続きました。
幸か不幸か、少なくとも5年のクラスのほとんどはお金に疎いようです。
今のところ2代目ホリエモン候補はいないようです。
結局必ず当たる最低金額は1000万円を超えることはありませんでした。
しようがないので説明しました。

全13試合でそれぞれの勝ち負け引き分けが3通りずつなので、すべての場合は3を13回かけた数になります。
3×3×3×3=81なので、これをおよそ80通りとすると、3を(4×3=)12回かけた数は80×80×80=512000になります。
3を13回かけた数は、さらに512000に3をかけた数なので(512000×3=)1536000です。

なんだ、じゃあ、153万6000円だね。先生!

おいおい、1枚100円だぞ。

あ、……。

で、これだといくら?

1億5300万円。

81通りを80通りで計算したから本当は1億6000万円くらいだね。

ようやく正解に近い答えが得られました。

それでは買ったら損だよ。先生。

おいおい、くじを買い占めるのか? それではくじにならないだろう。

あっ、そうか。

この話題は失敗でした。
子どもはそれほど、こういうお金には興味がないようです。

はじめからあまり興味がなさそうだったまじめな女の子が最後に一言。

それならちゃんとまじめに貯金したほうがいいよ。

ごもっとも。

この話題はこれでフェーズアウト。

totoのBIGのキャリーオーバーに夢を馳せるのは、夢が少なくなった大人だからかもしれませんね。
思いっきり夢を馳せている賛数仙人ですが。

« 5年組分け・母の日 | トップページ | っていってたの(BlogPet) »

算数」カテゴリの記事

  • 115(2013.06.27)
  • 114(2013.05.29)
  • 113(2013.05.13)
  • 112(2010.07.23)
  • 111(2010.07.07)

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 5年組分け・母の日 | トップページ | っていってたの(BlogPet) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック