リンク

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月29日 (金曜日)

きのうは頭みたいな質問しなかったー(BlogPet)

きのうは頭みたいな質問しなかったー。
じゃあサンセンは、学校は勉強すればよかった?
またサンセンは、ここで期末も勉強する?
じゃあ賛数仙人で中間が質問された!
じゃあ賛数仙人の定理は相似すればよかった?


*このエントリは、ブログペットの「サンセン」が書きました。

46

歩くだけで汗がにじんでくるほど暑くなってきました。
7月も目の前、当たり前ですね。
予習シリーズの上も回が少なくなってきました。

……
さて

46は合成数(2×23)です。
約数は1、2、23、46の4個、その和は72です。

  46
=2×23
=4×11.5
=11.5+11.5+11.5+11.5
=10+11+12+13
=7+10+13+16
=4+9+14+19
=1+8+15+22

地球は46億年前にできたらしい。

46は他に語ることはなさそうです。

2007年6月26日 (火曜日)

ある授業でのこと

数日前の6年の授業のことです。
クラスのある女の子に元気がありません。
いつもはたまのバカ話に思いっきりの笑顔で喜んでくれます。
しかし、その日ばかりは笑顔がありません。
気になったのですが、訴えるようすもなく、話も聞いているようなので、とりあえずそっとしておきました。

続きを読む "ある授業でのこと" »

2007年6月22日 (金曜日)

また賛数仙人は和っぽい講習したかも(BlogPet)

サンセンは賛数仙人は六角に賛数仙人が講習したいなぁ。
また賛数仙人は和っぽい講習したかも。
またサンセンは六角で奇数は講習しないです。


*このエントリは、ブログペットの「サンセン」が書きました。

DNA君、その後。

「先生、図形の問題を教えて欲しいのですが。」
先日、ずいぶん久しぶりにDNA君から連絡がありました。
(もう中学2年生です。最近から読んでいただいている方には通じませんね。2005年12月9・12日、2006年9月26日に登場しています。よろしければご覧ください)
見事第一志望に受かったのはよいのですが、部活に燃えて成績はいまいちのようです。
中間テストが迫り、あせっているようでした。
日を打ち合わせて授業前の空き時間に1時間ほど取ってあげました。

続きを読む "DNA君、その後。" »

2007年6月18日 (月曜日)

45

6月も後半に入りました。
あと1か月もすると夏期講習です。
また勝負の夏がやってきます。

……

45

続きを読む "45" »

2007年6月15日 (金曜日)

かと思います(BlogPet)

ほんとうは、賛数仙人は

80%の気持ちよさと、20%の気持ち悪さ、それくらいがよい4かと思います。
って言ってたよ。

*このエントリは、ブログペットの「サンセン」が書きました。

4年の夏 その3

図形の学習
図形の学習は、4年の夏に集中してやりたい学習のひとつです。
図形の認識能力はひらめきやセンスでないことはホームページの方で書きました。
もし、それがあるとしたら、これまでの学習で好きになったか嫌いになってしまったかの差です。
ひらめきやセンスが必要な問題もあるかもしれません。
しかし、もしあったとしたら、それは中学受験どころのレベルではない問題です。
少なくとも中学受験レベルの図形の問題ではひらめきやセンスは必要ありません。
または、中学受験の図形の問題に必要なひらめきやセンスは、ていねいな学習で身につけられるものです。
ということで、今回は図形の学習についてです。

続きを読む "4年の夏 その3" »

2007年6月11日 (月曜日)

4年の夏 その2

つまづきのチェック
夏休みの過ごし方は大事です。
4年くらいでは勉強づけにしないで、ふだん得られない、外での刺激を受ける方が重要です。夏の計画にぜひ組み入れて欲しいと思います。

ゆったりリフレッシュする、本当に好きな何かに熱中する、発見する、成長には欠かせないことです。

もちろん、そればっかりでもアンバランスで、また、親は不安ですね。

夏の学習でもっとも大事なのはこれまでの見直しです。
多少の先取りも効果的ですが、復習中心にやる方が失敗はありません。
時間の関係などで、おろそかにしてしまったところ、どうしても苦手だったところなど見直す期間にしたい。
そこで今回はつまづきのチェックについてです。

続きを読む "4年の夏 その2" »

2007年6月 8日 (金曜日)

サンセンが影響するはずだったの(BlogPet)

サンセンが影響するはずだったの。


*このエントリは、ブログペットの「サンセン」が書きました。

4年の夏 その1

まずはとにかく計算力!

予習シリーズ4年の意味は、予習シリーズ5年への橋渡しといってよいでしょう。
算数の場合、5年からでもカリキュラムが抜けてしまうことはありません。
しかし、特別な学習をしていなくて、いきなり5年からはじめた場合、つらいのはわかりきっています。

第一は計算ですね。

5年はじめの学習では、分数の加減乗除に向かいます。
つまり小数の加減乗除までは4年で終わっています。
下手をすると小数の計算を知らずに分数の計算に突入してしまいます。

さすがにまずいと気がついたのか(まさか私のホームページを読んで気がついたわけではないでしょうが)、5年の新シリーズの「計算と一行問題集」のはじめに、「4年の復習」として小数の計算、同分母の分数のたし算、ひき算が入りました。

続きを読む "4年の夏 その1" »

2007年6月 6日 (水曜日)

学習以前のこと。「正しい環境」とは。その2

子どもは刺激を吸収して育ちます。
心地よい刺激と、気持ちの悪い刺激、取捨選択しながら育ちます。
どういう刺激であれ、子どもにとって刺激は必要です。
専門家ではないので間違っているかもしれませんが、子どもの性格や行動のパターンは刺激の大小によるところが多いのではないでしょうか。
それは小さすぎても大きすぎても、心の欠損につながりそうです。

よい環境とは、心地よい刺激と、気持ちの悪い刺激をバランスよく与えることです。
80%の気持ちよさと、20%の気持ち悪さ、それくらいがよいバランスかと思います。
そして、20%の気持ち悪さを克服できれば、80%の気持ちよさが待っていることを知って欲しいと思います。

続きを読む "学習以前のこと。「正しい環境」とは。その2" »

2007年6月 5日 (火曜日)

学習以前のこと。「正しい環境」とは。その1

少なくとも90%以上の子どものもともとの能力には大差なく、「正しい環境」を与えれば、その能力の伸びは無限大となる。
そう信じてやみません。
子どもの能力は(もちろん、人間の能力も)先天的なものよりも後天的なものの方が影響力があると思います。
子どもには、それこそ生まれたてに近いほど無限の可能性がある。

うーーん。
今日の話は重そうです。
いつもなら、ある程度の結論を持って書いているのですが、これは答えを持たないまま、書いています。
尻切れトンボになるかもしれませんが、学習法を語る前には必要な話かと思い、書き始めました。

続きを読む "学習以前のこと。「正しい環境」とは。その1" »

ニコニコさんのお返事の前に

夏の学習法を考えているうちに、先に語っておくべきことがあるような気がして、以下を書きます。

2007年6月 1日 (金曜日)

39(BlogPet)

きょうはゴールデンウィークは合成したかもー。


*このエントリは、ブログペットの「サンセン」が書きました。

44

6月になりました。

東京はどうもまだ天候が落ち着きませんね。
徐々に暑くはなっていますが。
授業中の雷に一同騒然。
「上で楽しくボーリングやっているね」
「だれがやってんの?」
こういうツッコミには早い諸君です。

……
44

続きを読む "44" »

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック