リンク

« 第2回合不合判定テスト速報 | トップページ | 焦れば焦るほど »

2007年10月29日 (月曜日)

59

いつの間にか寒くなったと思ったら、10月ももうすぐ終わりですね。
受験生の皆さんは、志望校をしっかり見据えて、あせらず一歩一歩近づいていくような学習が理想です。
不安はどんな成績を取っていても同じです。
合格可能性80%以上でも10%未満でも、まだ結果は出ていません。
「合格」を手にするまでは、ひたすら合格への階段をぼっていくだけです。

59

59は素数です。
約数は1と59、その和は60です。
50までの素数は15個あり、50以上の素数はここまで53だけだったので、59は17番目の素数です。

差が2である2つの素数のことを「双子素数」と言います。
61も素数なので、59と61は双子素数です。

これまでの双子素数は
3と5
5と7
11と13
17と19
29と31
41と43
59と61
……

58」のところで

2+3+5+7+11+13=41
2+3+5+7+11+13+17=58
2+3+5+7+11+13+17+19=77
2+3+5+7+11+13+17+19+23=100

を扱いました。

ということは?

59=100-41です。

2から23までの和は100、2から13までの和は41、つまり、

59=17+19+23

です。

和が100である2つの素数41と59のそれぞれが、さらにいくつかの素数の和でできていますね。

和が100となる2つの素数

3と97
11と89
17と83
29と71
41と59

意外に多い?

お気に入りの数学パズルです。
数秒で考えてください。

Q「和が99となる2つの素数はいくつといくつ?」

« 第2回合不合判定テスト速報 | トップページ | 焦れば焦るほど »

算数」カテゴリの記事

  • 115(2013.06.27)
  • 114(2013.05.29)
  • 113(2013.05.13)
  • 112(2010.07.23)
  • 111(2010.07.07)

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第2回合不合判定テスト速報 | トップページ | 焦れば焦るほど »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック