リンク

« 数のイメージ、アップしました。 | トップページ | 58 »

2007年10月17日 (水曜日)

子どもだからできる

「よく解けますね。」

先日、塾の模擬テストで試験監督をしたときのこと。
いつの間にか横にいた仲間の算数の先生が、しみじみとポツリ。
かなり難しい問題を正解している子どもの答案を見ての言葉です。

中学受験の是非については、問われて久しいところです。
特に算数は、かなり高度な要求を強いていますから、やり玉にあげられることも多い科目です。
さすがに昨今は認知されたのか、範囲の逸脱や行き過ぎであるという批判は聞こえなくなりました。
また、入試問題自体も、より昇華されつつあり、昔のような難問・奇問は減っています。

それでも、教科書レベルははるかに超えていることは間違いありません。
「受験算数」という特別な学習をしなければ、まず太刀打ちできないでしょう。

賛否両論、色々あると思いますが、しかし、算数は、やはり子どもだから解けるようになるのだと思います。

若い発展途上の頭脳、神経を持っているからでしょうか。
雑念のない感動を味わうことができるからでしょうか。
「そんなの無理」とは言いながら、世の中に無理なことがあることをまだ知らないからでしょうか。

よって、受験算数講師は(大人の頭では)無理なことを無理でないように見せつつ、子どもの能力の芽を摘まないように教えなければいけません。

「算数」を中学生以上に教えることは小学生に教えるよりも難しいのは確かです。
それは「方程式」など数学を知っているから、という理由だけではないようです。

「よく解けますね。」
それは感嘆、感動の言葉であり、賛美の言葉に聞こえました。
子どもはすごい、そう聞こえました。

« 数のイメージ、アップしました。 | トップページ | 58 »

受験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 数のイメージ、アップしました。 | トップページ | 58 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック