リンク

« [お知らせ]メルマガ | トップページ | 2008年入試目前! »

2008年1月 6日 (日曜日)

チュー君のこと その3

夏期講習に入っても、チュー君、絶好調でした。
チュー君VS他のみんな、3回に2回はチュー君の勝利です。
例の「やったね!」攻撃もパワーアップし、仮想ライバルに勝ったときには「やったね!やったね!ヨユウ、ヨユウ」

しかし、講習半ばを過ぎた頃から様子が違ってきました。

……

と、その前に応援のクリック↓をいただけるとたいへんうれしく思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

チュー君は5年の途中から中学受験の勉強を始めました。
それにしてはなかなかがんばり、最上位クラスまで上がってきたわけですが、ところどころ単元の穴がありました。

夏期講習前半はわりと強いところだったのか、やれば勝つといった調子で絶好調だったのですが、速さでやや弱さを露呈し、図形になると途端に勝てなくなってしまいました。
前半の勝ちポイント貯金もすぐ無くなってしまいました。
今度は毎回、今までの恨みとばかり、逆「やったね!」攻撃の集中砲火です。

さすがのチュー君もこれにはまいったらしく、「いいよ、いいよ、また今日も図形でしょ。どうせ勝てないんだ」と泣き言を言う始末。
それまでは少し準備をしたら勝てていたものが、しっかり準備したつもりでも勝てなくなったもので、ついつい泣き言が出たようです。
また、算数には自信を持っていて、これまでも授業で習えば負け知らずだったので、初めての敗北感を憶えたのかも知れません。

まわりのみんなは、チュー君よりはよっぽど大人で、あまりにもチュー君の落ち込み方がひどいときは「やったね!」攻撃は控えていました。
一方のチュー君は、たまに勝てると攻撃再開していましたが。

ここからが本当の勝負なのでしょうが、結局、夏期講習の最後まで挽回できず、勝ちポイント勝負は「他のみんな」に負けてしまいました。

講習の授業が終わったある日のこと。

「先生、ということで私たちが勝ったので、テスト(講習の成果判定テスト)が終わったらマックね」
「いいよ。約束だからね。ところで、チュー君もいっしょでいいかな?」
「え~、何で~、それは約束が違うよ。私たちが勝ったら、私たちだけって約束でしょ」
「それはそうだけど、せっかくここまで一緒にがんばってきたんだから、チュー君も呼んであげたいけどな。先生が呼ぶのではなく、君たちが呼べば約束違いにはならないんじゃないかな?」
「それはだめ!」
「みんなだって、チュー君がいたからがんばれたところもあると思うけどなあ」
「それはあるけど、約束だから、絶対ダメ」

そしてマック約束の日。

待ち合わせ場所に行くと、みんなの中にチュー君はいました。
「絶対ダメ」と言った女の子が、私を見つけると開口一番
「仕方がないから呼んでやったよ」
ホッとしました。
チュー君を見ると、まわりとふざけあい「チュー、チュー」なんて言っています。
「それからこれ、お母さんから」
マックの割引券がたくさんありました。
おかげでそれほど散財をせずにすんだ賛数仙人でした。

……
チュー君のこと、もう少し続きます。

« [お知らせ]メルマガ | トップページ | 2008年入試目前! »

生徒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [お知らせ]メルマガ | トップページ | 2008年入試目前! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック