リンク

« 算数力の基礎チェック その11 | トップページ | [お知らせ] メルマガ5年上12回・13回 »

2008年5月16日 (金曜日)

算数力の基礎チェック その12

単位の話その3は「面積の単位」です。

……

と、その前に応援のクリック↓をいただけるとたいへんうれしく思います。中学受験ブログでは、役に立つ情報もいっぱいです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

面積は1辺の長さが1の正方形をもとにして考えます。

1辺の長さが1の正方形が横に2個並ぶと、たての長さが1、横の長さが2の長方形で、その面積は2です。
1辺の長さが1の正方形がたてに2個、横に3個並ぶと、たての長さが2、横の長さが3の長方形で、その面積は6です。

1辺の長さが1cmの正方形の面積を1c㎡といいます。
1辺の長さが1mの正方形の面積を1㎡といいます。

mの後ろの小さな2は、cm×cm、m×mを表しています。
面積は「長さ×長さ」、「たて×横」が基本です。

なんて話をしたあとでも、

「1㎡は何c㎡ですか?」

と聞くと、子どもは平気で元気よく

「100c㎡!」

1m=100cmから、なかなか抜け出してくれません。

1mは100cmで、1辺1cmの正方形がたてに100個、横に100個並んだ正方形の面積と等しいので、1㎡=(100×100=)10000c㎡です。

面積の単位は、正方形をもとにして秩序正しく並んでいます。

1辺1cmの正方形の面積は1c㎡です。

1辺10cmの正方形の面積は100c㎡です。

1辺1mの正方形の面積は1㎡、1mは100cmなので、1㎡=10000c㎡です。

1辺10mの正方形の面積は100㎡で、これは1aです。

1辺100mの正方形の面積は10000㎡で、これは1haです。

1辺1kmの正方形の面積は1k㎡で、1000000㎡です。

面積の単位は、1辺×1辺がもとになるので、100c㎡以外は、100倍区切りになります。

㎡→a→ha→k㎡、これは矢印1個につき、小数点の位置が左に2個ずつずれていきます。

逆ならば当然、右に2個ずつずれていきます。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

« 算数力の基礎チェック その11 | トップページ | [お知らせ] メルマガ5年上12回・13回 »

学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 算数力の基礎チェック その12:

« 算数力の基礎チェック その11 | トップページ | [お知らせ] メルマガ5年上12回・13回 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック