リンク

« 全国統一小学生テスト | トップページ | 算数力の基礎チェック その18 »

2008年6月10日 (火曜日)

算数力の基礎チェック その17

今日は夕方から突然のやや強い雨、しかし、授業が終わる頃にはやんでいました。

今回は「約数」についてです。

……

と、その前に応援のクリック↓をいただけるとたいへんうれしく思います。中学受験ブログでは、役に立つ情報もいっぱいです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

ある数Aの約数とは、Aをわってわりきることができる整数のことです。

5の約数は、

5÷1=5
5÷2=2…1 ×
5÷3=1…2 ×
5÷4=1…1 ×
5÷5=1

から、5をわりきることができる整数は1と5だけなので、5の約数は1、5です。

6の約数は、

6÷1=6
6÷2=3
6÷3=2
6÷4=1…2 ×
6÷5=1…1 ×
6÷6=1

から、6をわりきることができる整数は1、2、3、6なので、6の約数は1、2、3、6です。

ある数Aの約数は、上記のように、Aを1からAまでの数でわって求められます。
しかし、実際に約数を求めるときには、違う方法で考えていきます。

※ 3つの整数A、B、Cがあり、A×B=Cのとき、AやBはCの約数です。

よって、6の約数は、かけると6になる2つの数の組を考え、
1×6、2×3から、1、2、3、6です。

18の約数は、かけると18になる2つの数の組を考え、
1×18、2×9、3×6から、1、2、3、6、9、18です。

1はすべての数の約数です。
Aの約数で、最も大きな約数はAです。

ある数Aの約数が、1とAだけであるとき、Aは素数でした。

分数の計算がひと通り終わり、ふつうにできるようになった頃には、ある程度の約数はスラスラ言えるようにしたものです。

☆ 次の数の約数をスラスラ言いなさい。

1. 6
2. 8
3. 9
4. 10
5. 12
6. 15
7. 16
8. 18
9. 20
10. 21
11. 24
12. 25
13. 27
14. 28
15. 30

これより大きい数でも、約数の個数が6個以内くらいの数は見て言えるようにしたいものです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

« 全国統一小学生テスト | トップページ | 算数力の基礎チェック その18 »

学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 算数力の基礎チェック その17:

« 全国統一小学生テスト | トップページ | 算数力の基礎チェック その18 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック