リンク

« [お知らせ] メルマガ5年夏特別2 | トップページ | 91 »

2008年8月 5日 (火曜日)

算数力の基礎チェック その25

夏期講習も半ばを過ぎようとしています。
どの学年も成果のある夏にできるとよいのですが。

……

と、その前に応援のクリック↓をいただけるとたいへんうれしく思います。中学受験ブログでは、役に立つ情報もいっぱいです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


「6でわっても8でわっても2あまる整数」は、「6と8の公倍数よりも2大きい整数」です。
6と8の公倍数は最小公倍数24の倍数なので、「24の倍数より2大きい数」になります。
ただしこれも、一番小さい数は2です。

よって、これを問題とするときには数のしばりを条件に入れます。


「6でわっても8でわっても2あまる数のうち、2けたの整数で最も小さい数を求めなさい。」

24+2=26です。

「6でわっても8でわっても2あまる数のうち、100に最も近い数を求めなさい。」

100÷24=4…4から、24×4+2=98です。
この次の数は24×5+2=122なので、98が最も近い数です。

「ある団体を、9人ずつのグループに分けても12人ずつのグループに分けても最後のグループは4人になります。団体の人数は150人以上200人以下のとき、この団体の人数を求めなさい。」

団体の人数は、9と12の公倍数より4大きい数です。
9と12の最小公倍数は36なので、36の倍数より4大きい数になります。

200÷36=5…20から、団体の人数は(36×5+4=)184人です。
184より36小さい数も、36大きい数も150以上200以下ではないので、184人だけがこたえであることがわかります。

上記のような「8でわっても12でわっても3あまる数」の問題で、子どもがよく間違う(区別がつかない)のは、「24の倍数より3大きい数」と「(24+3=)27の倍数」との区別です。

「2けたで最も小さい数はいくつですか」なら(24+3=)27と間違わなくても、この次の数はいくつであるかを聞くと(27×2=)54と答える子どもは意外に多いものです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

« [お知らせ] メルマガ5年夏特別2 | トップページ | 91 »

学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 算数力の基礎チェック その25:

« [お知らせ] メルマガ5年夏特別2 | トップページ | 91 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック