リンク

« お盆休み | トップページ | 92 »

2008年8月17日 (日曜日)

算数力の基礎チェック その26

久しぶりの更新です。
夏期講習も、もうすぐ仕上げに入ります。

メルマガ「賛数仙人の☆算数で合格☆2010年受験生編16号(5年夏期特別3)」を発行しました。
割合から比へのステップ第2弾です。

今日は倍数の続きを。

……

と、その前に応援のクリック↓をいただけるとたいへんうれしく思います。中学受験ブログでは、役に立つ情報もいっぱいです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


「8でわると5あまり、12でわると9あまる数のうち、最も小さい数を求めなさい。」

これは昔からよく出る問題のひとつです。

前回の問題、「8でわっても12でわっても5あまる数」ならば、8と12の公倍数より5大きい数を求めればよいのでした。
24の倍数より5大きい数なので、小さい順に書き並べていくと、5、29、53、77、……です。

しかし、8でわると5あまり、12でわると9あまる数のように、わったときのあまりが違う問題はくふうが必要です。

8でわると5あまる数は、小さい順に
5、13、21、29、……
です。
これらの数にそれぞれ3を加えると、8、16、24、32、……となり、これは8の倍数です。

同じように、12でわると9あまる数は、小さい順に
9、21、33、45、……
となり、これらの数に3を加えると、12、24、36、48、……で、これは12の倍数です。

よって、この問題は、次のように言いかえができます。

「3をたすと8でも12でもわれる数のうち、最も小さい数を求めなさい。」

8と12の公倍数は24の倍数なので、求める数はそれよりも3小さい数になります。
よって、最も小さい数は(24-3=)21です。

AでわるとPあまり、BでわるとQあまる数は、A-PとB-Qの数が一致する場合、AとBの公約数よりA-P(B-Q)小さい数になります。

もう一問、やってみましょう。

「6でわると3あまり、9でわると6あまる整数のうち、100に最も近い整数を求めなさい。」

6-3=3、9-6=3なので、求める数は、6と9の公倍数よりも3小さい数です。
18の倍数よりも3小さい数で、100に最も近い数は、
100÷18=5…10から、(18×5-3=87、87+18=)105です。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

« お盆休み | トップページ | 92 »

学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 算数力の基礎チェック その26:

« お盆休み | トップページ | 92 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック