リンク

« サピックスはおもしろい その2 | トップページ | 小5の夏に差をつける 算数の重要ポイント 5年(上) もうすぐ発売 »

2010年4月23日 (金曜日)

104

もうすぐ5月だというのに何だか寒い1日でした。

久しぶりに数のイメージの続きです。最後に書いたのは103でした。ということで104。

104は合成数(2×2×2×13)です。
約数は1、2、4、8、13、26、52、104の8個で、その和は((1+2+4+8)×(1+13)=)210です。

 104
=1+4+8+13+26+52(104の約数だけの和)

 104
=8+32+64
=2×2×2+2×2×2×2×2+2×2×2×2×2×2
(つまり2進数では1101000)

 104
=4+100
=2×2+10×10
直角をはさむ2辺の長さが2、10の直角三角形4枚で囲んでできる正方形の面積は104。

 104
=8×13
=8+8+8+8+8+8+8+8+8+8+8+8+8
=2+3+4+5+6+7+8+9+10+11+12+13+14
三角数に「1」足りない。
 104
=13×8
=(6+7)×8
=6+6+6+6+6+6+6+6+7+7+7+7+7+7+7+7
=-1+0+1+2+3+4+5+6+7+8+9+10+11+12+13+14
=2+3+4+5+6+7+8+9+10+11+12+13+14

104を2つの素数の和で。
 104
=3+101
=7+97
=11+83
=31+73
=37+67
=43+61


« サピックスはおもしろい その2 | トップページ | 小5の夏に差をつける 算数の重要ポイント 5年(上) もうすぐ発売 »

算数」カテゴリの記事

  • 115(2013.06.27)
  • 114(2013.05.29)
  • 113(2013.05.13)
  • 112(2010.07.23)
  • 111(2010.07.07)

コメント

久々にうれしいです!
また、前のように出力して壁に張ろうかな?
新刊もとても楽しみです。

仙人プリント(仙プリ)、こつこつ頑張っています。
ところで..算数問題に出てくる名前、うちの子たちはそろって「和男(和夫?)くん」が読めませんでした。「ワオくんだって」という声を二回ききました。時代ですね。

ニコニコさん、コメントありがとうございます。200くらいまでは続けたいと思います。
「仙プリ」がんばって頂き、たいへんうれしく思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 104:

« サピックスはおもしろい その2 | トップページ | 小5の夏に差をつける 算数の重要ポイント 5年(上) もうすぐ発売 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック