リンク

« SAPIXマンスリー | トップページ | 99点 その6 »

2010年6月 5日 (土曜日)

108

108は合成数(2×2×3×3×3)です。
約数は1、2、3、4、6、9、12、18、27、36、54、108の12個で、その和は((1+2+4)×(1+3+9+27)=
)280です。
108を素因数分解すると、2が2個、3が3個使われています。
正三角形の1つの内角は60度、正方形は90度、正五角形は108度です。
108は煩悩の個数とも言われます。除夜の鐘をつく回数が108回なのはこれに由来することは正月の度の話題なのでよく知られていますね。真偽はわかりませんが。
煩悩の個数が一番基本となりそうな素数2と3でできているのは何か由来があるのでしょうか。

108
=3×36
=36+36+36
=35+36+37

108
=4×27
=8×13.5
=13.5+13.5+13.5+13.5+13.5+13.5+13.5+13.5
=10+11+12+13+14+15+16+17

108
=9×12
=12+12+12+12+12+12+12+12+12
=8+9+10+11+12+13+14+15+16

108を2つの素数の和で。

108
=5+103
=7+101
=11+97
=19+89
=29+79
=37+71
=41+67
=47+61

108
=3×6×6
=3×(3+3)×(3+3)

« SAPIXマンスリー | トップページ | 99点 その6 »

算数」カテゴリの記事

  • 115(2013.06.27)
  • 114(2013.05.29)
  • 113(2013.05.13)
  • 112(2010.07.23)
  • 111(2010.07.07)

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 108:

« SAPIXマンスリー | トップページ | 99点 その6 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック