リンク

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水曜日)

自宅で我が子に算数を教える方のために

中学受験を経験しなかった方が受験算数を初めて見るときっと面食らうことでしょう。
 
こんな問題、子どもに解けるのか。
 
そもそもこれが必要なのか。
 
方程式禁止って、冗談じゃない。
 
そんな疑問がきっと渦巻くことでしょう。
 
それが難関校向けの塾の教材だったり、難関校の入試問題ならば尚更のことと思います。
 
それでも我が子に教えたい。
 
できればわかりやすく教えたい。
 
そんな方のために、教えるためのヒントをかいていこうと考えています。
 
パパの説明わからない。
 
方程式って塾では出てこなかったよ。
 
そんなことは言われたくない方のための講座です。
 
そもそも算数とは四則計算を基本とする学習であり、その先に中学の数学があるべきはずのものです。しかし、受験算数はそれとは別物です。
 
学力を見るということよりも、よりできる子を選別するということが優先されてきた結果かどうかはわかりませんが、中学受験における算数は独自の進化を続けてきたといっても過言ではありません。
 
数十年前までは、受験算数とはいえ学校の教科書の問題を難しくしたものが主流でした。単元も今ほど多くはなく、計算、割合、面積、相似、特殊算(つるかめ算など和算その他)、速さなどで十分でした。問題を見ればこれは~算、これは面積、とわかりやすくもありました。
 
ところが時を経て、受験算数はそれ自体が文化といえるほど、問題は百花繚乱、融合問題あり、新傾向問題あり、大学で学ぶような問題あり、……となっています。
 
次回から、そういう受験算数だが、それでも教えたい方のための考え方、教え方を綴っていきます。

2016年8月16日 (火曜日)

中学受験算数 難関中学に合格する図脳トレーニング

夏期講習に入り、ブログをさぼっているうちに8月もあと2週間となってしまいました。
そんな中「中学受験算数 難関中学に合格する図脳トレーニング」が発売となりました。
 
書籍版としては、改訂版などを除き、ちょうど著書10冊目になります。
今回の本は、タイトルからはわかりづらいですが「立体図形」に特化した問題集です。
立体図形の見方、かき方、とらえ方の基本から、入試によくでる立体の応用まで学習できる内容になっています。大人の脳トレにもお勧めです。
以下、本書「学習のヒント」より
「知識のないところに創造はありません。同じように立体の見方や考え方がわからないまま問題を解いても応用が利きません。
本書はただの立体図形の問題集ではなく、「立体図形を見る目を養成する」ことを目標としています。
立体図形の問題は、主に上位の難関中学に多く出されています。毎年必ず出題する学校もあり、その難しさは偏差値相応、またはそれ以上です。
立体図形もまた、理解の差がはっきりと出る単元ですから、難関中学を目指すなら攻略しておくべき単元のひとつです。
本書の前半では、基本的な図形で、様々な見方を学習します。
色々な問題で、立体図形を見る目を養いながら、問題も徐々にレベルを上げています。
後半はかなり難しい問題も含まれていますが、よく出る立体の問題も多く出題しました。
本書で「立体がよく見える目」、「図脳」を養成してください。」
 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

賛数仙人

無料ブログはココログ

最近のトラックバック